インプラントとは

歯科の診察室

歯は、食べ物を噛み砕くために存在しています。言い換えれば、食べ物を噛み砕く能力がなければ、その歯は歯の役割を果たしているとは言えないでしょう。 失った歯を補う治療法に、入れ歯とブリッジがあります。ただ、どちらの治療法も歯の形状は再現できるのですが、肝心の歯の噛み砕く役割は必ずしも再現できるとは言えない治療法です。その点、インプラントは、噛む役割も再現できる治療法となっています。 なぜ、インプラントが噛む役割を再現できるのかというと、入れ歯やブリッジとは異なり、しっかりと歯が固定されているからです。インプラントの人工歯は人工歯根に被せられているのですが、その人工歯根は歯茎に埋め込み、顎骨に結合させます。ですから、強く噛んだとしても、まったく問題ないのです。 もちろん、歯を失わないようにすることが何より大切です。ただ、歯を失ったとしても、インプラントの治療を受ければ、従来の生活を再現することができます。

但し、残念なことにインプラントの治療費は高額です。1本あたりの平均の治療費は、およそ30万円くらいとなっています。 治療費が高額な理由は、ごく僅かなケースしか保険が適用されないからです。つまり、ほとんどの治療が自己負担となってしまっているので、これほどまでに平均額が高い治療費になってしまっているのです。 ただ、保険が適用されない治療は、治療を行う歯医者が治療費を決められることになっています。従って、平均よりも治療費が安い歯医者もあり、中には平均の半額程度という嬉しい歯医者も存在しています。 また、年間の医療費が10万円以上かかっている場合には、医療費控除が受けられるようになっています。医療費控除を受ければ、納めた税金の一部が戻ってきます。但し、医療費控除が受けられないインプラント治療もありますから、治療を受ける前に歯医者に確認した方が良いでしょう。